引越し準備は業者選びから始めます

タイムスケジュールを決めることができたら、次は引越し業者を決めましょう。 いつ頃から決めたらいいのかというと、早ければ早いほどいいです。 なるだけ急いで、入居可能な日程と、今住んでいる住居に住めなくなる日が確定させて、引越し業者と契約しましょう。

また、業者によって特色が異なっています。 例えば、女性のドレスなどをしわにならないように運ぶために、専用のケースを用意しているところもありますし、梱包した荷物を数日預かってくれるサービスを利用できる業者もあります。

荷物を預かってくれるサービスは、古い住居の解約日が、新居への入居日よりも早い場合に便利です。 自分は身一つになって、友人の家を間借りするなり、ホテルなどに泊まるなりすることで、1ヶ月分の家賃を節約することが出来ます。

引越し業者は数多くありますが、2~4月の繁忙期には人気のある業者は利用できないかも知れません。 例えば、料金設定の低い業者に依頼することができなくなったり、依頼はできたとしても、人員やトラックの都合で、利用できるサービスが限定されてしまったりすることもあります。

結局、高い上にサービスも悪い業者に依頼する羽目になり、余計な出費がかさんでしまうなんてこともあります。 繁忙期だけに限定された話ではありませんが、なるだけ余裕を持って業者と交渉していくべきでしょう。

引越し準備の記事一覧

離婚の引き金がパートナーの浮気なら、浮気の証しをとらえる事が必要です。特に離婚調停等を行う際に、現場写真などがあると都合よく交渉できます。調査は自分のみでもできなくはないですが、手間も時間もかかり、素... 続きはこちら

長い準備と、目の回る忙しさを経て引越しがようやく終わりました。大家や隣人への挨拶をすませ、荷物の梱包も全て開き終わりようやく引越し作業が終わりました。解放の時です。 もう町のお気に入りスポットは見つ... 続きはこちら

たとえどれだけ面倒でも、隣人という存在は壁1枚隔てた向こう側に住んでいます。もし仲が険悪になってしまうと、事あるごとにクレームを入れられてしまったり、嫌がらせを受けてしまったりするようなこともあるか... 続きはこちら

新居の片付けが落ち着いたら友達を招いてお披露目してみましょう。ホームパーティー形式でもいいのですが、せっかく見つけた地元の美味しいお店にいってみるのも楽しそうですね。新居の晴れ舞台ですので、綺麗に掃... 続きはこちら

新しい街の美味しいスポットを探しに行きましょう。食べログやぐるなびで探すと言う手もありますし大変有効なのですが、せっかく引越してきた後なので、散策も兼ねて自分の足を使って探してみるのもいいでしょう。... 続きはこちら

新居について落ち着いたら、新しい街を探索してみましょう。事前に何度か下見をしていたとしても、実際に住んでみた後で歩くのとは全く見え方が違うはずです。近所にあるお店の場所や、細かい道などを把握しておく... 続きはこちら

続いてインターネット回線の契約をしましょう。近頃はインターネットを通じて行ったほうがはるかに便利なサービスも多いため、あまり使わない人でも何らかの通信手段を持っておいたほうがよいでしょう。最近は携帯... 続きはこちら

引越し先に着いたら、早い段階で大家さんのところに挨拶に行きましょう。大家さんとはそれほど密接に付き合うこともないかもしれませんが、いざという時に頼ることもありますし、シビアなお金のやり取りをする関係... 続きはこちら

まず旧居の段階で、電力会社などに連絡しておく必要があります。引越し日までの料金を日割りで計算してくれます。手続きは電話でもできますが、最近はインターネットやFAXでもできます。また、電気、水道、ガス... 続きはこちら

「衣・住」の確保が無事終わったら、食環境を整えましょう。最初のうちは外食も楽しいものですがいつまでも続けるわけにはいきません。外にラーメンを食べに行くと高くついてしまいますが、袋ラーメンを自前で作れ... 続きはこちら

人間の生活の基本は「衣・食・住」です。これらが確保できれば新居での暮らしを始めることができます。そのうち「食」については、外食や中食によって対応することが可能です。そのため、真っ先に準備する必要はあ... 続きはこちら

若い人の場合は心付けと言われても何のことかわからないかもしれません。要するに「チップ」のようなもので、頑張ってくれる作業員の方に渡すお金のことです。別に無理をして渡す必要はありませんし、そのせいでサ... 続きはこちら

新居に着いたら、荷物を運び入れる前にやっておくべきことがあります。それは、部屋の状態を確かめることです。これは、事前に下見をした際でも構いません。部屋にキズがないか、汚れはないかを丹念にチェックしま... 続きはこちら

引越し当日はとても忙しくなります。体力的にもハードです。万一ミスがあると、新居と旧居を行ったり来たりして時間をロスしてしまうなんてこともあります。例えば、旧居のカギを返還し忘れた場合や、何か忘れ物を... 続きはこちら

さて、明日は引越し当日です。前夜のうちにできることをやっておきましょう。まずは、梱包作業がつつがなく終わっていますか?まだ残っているようだったら、さっさとやってしまいましょう。どうしても終わらなかっ... 続きはこちら

引越しの日程が決まったから、前日は梱包と大掃除。これは当日にやるよりはマシではあるのですが、その前にちょっと待って下さい。もっと前から掃除しておけば楽ができるポイントがいくつかあります。 最終的には... 続きはこちら

引越しの際に一番厄介なものの一つが、大量の本やマンガです。書籍類はとにかく重い上に、かさばります。本棚から出してダンボールに詰め始めると、気付いたら10箱以上になっていたなんてこともあります。そのす... 続きはこちら

引越しの際は、なんでもかんでもダンボール箱に詰め込んでしまえばいいというのは間違いです。なるだけ、荷物を減らしたほうがいいのは間違いありません。必要のないものは捨てるようにしましょう。と言っても愛着... 続きはこちら

新居の配置を決めたり、各種の手続きをしたり、梱包を進めていったりとやることがとにかく多くて忙しいのが引越し前の時期です。なので、見落としてしまいがちではあるのですが、食品の計画的な消費についても重要... 続きはこちら

新居に着いてから、どこに何を置くのかを考え始めるのだけは、絶対に避けなければいけません。後から一人で配置を変更させるのは非常に労力がかかります。また、家具の位置が決まらないとダンボールに梱包された荷... 続きはこちら

忙しい引越し準備のさなかでも、絶対に忘れてはいけないことがあります。それが、お世話になった人への連絡です。真っ先にやっておいたほうがいいことの一つです。引越しの連絡が来なかったり、遅かったりして、人... 続きはこちら

どうしても節約したい場合の最後の手段は、自力の引越しです。引越し業者の繁忙期には、驚くほど高額の料金を請求されることもあります。具体的には、単身者の引越しでトラック一台にもかかわらず5~8万円という... 続きはこちら

引越しの前後は何かと物入りです。何よりも厳しいのが、新居の敷金・礼金ですが、他にも家具や家電などの購入にもお金が必要です。そのため、なるだけ引越しにかかる費用も抑えておきたいところです。 引越し料金... 続きはこちら

無事引越し先が決まった後に、まず最初にするべきことは何でしょうか。タイムスケジュールを作ることです。当たり前と思うかも知れませんが、非常に大切なことです。特に、掃除や荷造りを計画的に行わないと、引越... 続きはこちら

住みたい町が決まったら、不動産屋の門を叩きましょう。駅前の店舗よりも、地域の小さい店舗のほうがいいと言う人もいますが、逆のことを言う人もいます。余裕があれば両方回ってみるといいでしょう。 その不動産... 続きはこちら

不動産屋は、家探しのアドバイザーであり、心強い最大の味方です。これは事実です。住宅周辺の便利な情報はどんな細かいことでも教えてくれますし、住み始めてからも様々なサポートをしてくれます。一方で、彼らに... 続きはこちら

住みたい町をある程度絞り込むことができたら実際に行ってみましょう。ネット上では見つからない情報がたくさん手に入ります。短時間だけ覗いただけでは見えてこないこともあります。もし可能であれば、休日を丸一... 続きはこちら

サボらずにやっておきたいのが、町のグルメ度のチェックです。よく考えてもみて下さい。せっかく新居に越していったのに、周辺に1軒も美味しいお店がなかったらつまらないと思いませんか?外食ばかりはしていられ... 続きはこちら

町の情報はインターネットを使えばいくらでも調べることができます。これからしばらくは住むことになる町です。万一にも不便を感じないように念入りに調べておくに越したことはありません。 最初に見るのはwik... 続きはこちら

「引越しをする際に最も大切なことは何か!!」それは、住みたいところに行くことです。当たり前と言えば当たり前かもしれません。けど、意外と見逃されがちなことなのです。 引越し先を探す時に、まずは通勤や通... 続きはこちら