自力の引越しは自家用車一台まで

どうしても節約したい場合の最後の手段は、自力の引越しです。引越し業者の繁忙期には、驚くほど高額の料金を請求されることもあります。具体的には、単身者の引越しでトラック一台にもかかわらず5~8万円ということもあります。もし自家用車があれば、この費用も節約することが可能ですし、ない場合でもレンタカーを借りるという手もあります。

ただし、よく考えて下さい。本当に自力で引越しができるかどうかについてです。まず、引越しの規模が大きい場合には諦めたほうが無難かもしれません。家族がいる場合には、荷物が多くなりますから、自家用車を使う場合何往復もする必要があります。引越し先が近い場合は何とかなるかもしれませんが、それでもかなりの時間と労力を必要とします。

次に体力があるかどうかです。体力に自信のある方や、屈強な男性を手伝いに呼べる場合は何とかなるかもしれません。しかし、体力に自信があっても慣れない引越し作業をすると、腰を痛めてしまったり、家具を壁にぶつけたり、落として壊してしまったりというトラブルを起こしてしまう可能性があります。

そこで一つの基準を示しますので、ご参考にどうぞ。「自力引越しは、荷物が自家用車1台に収まる場合」だけにしておきましょう。大型の家電や家具がほとんどない場合には自力でも何とかなるかもしれませんが、車にギリギリ入るような大きな荷物が多数ある場合には、業者に依頼した方が圧倒的に楽で、安全です。

このエントリーをはてなブックマークに追加