古本屋に売りに行こう

引越しの際に一番厄介なものの一つが、大量の本やマンガです。書籍類はとにかく重い上に、かさばります。本棚から出してダンボールに詰め始めると、気付いたら10箱以上になっていたなんてこともあります。そのすべてがかなりの重さです。

必要な本、大切な本は持っているべきでしょうが、不要なものも持って行こうとしていませんか?絶対に不要なのは雑誌類です。仕事の資料に使う場合などを除いては、再び読む可能性は非常に低いです。どうしても取っておきたい記事があったら、そこだけスキャナーにかけて、電子ファイルとして保存してしまうといいでしょう。そうすれば物理的な重さはゼロになります。

スキャナーを持っていない場合は、コンビニのコピー機を使ってスキャンする方法もあります。スキャンするのが面倒だったり、パソコンで電子ファイルを読む習慣がなったりする場合は、裁断してスクラップにしておくという手もあります。

さて、本を処分する場合ですが、捨ててしまうのはもったいないので売りに行きましょう。引越し当日に持って行くと、待ち時間が発生して当日のスケジュールが狂ってしまうかも知れませんので、遅くとも前日には持って行きたいところです。ブックオフのような大手の古本屋に持って行けば大抵のものは売りさばけます。

人気の漫画などは、高値で買い取りをしているお店もありますので、事前にリサーチしておくといいかもしれません。特に全巻そろっている場合は高値がつきやすい傾向があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加