絶対避けよう隣人トラブル

たとえどれだけ面倒でも、隣人という存在は壁1枚隔てた向こう側に住んでいます。もし仲が険悪になってしまうと、事あるごとにクレームを入れられてしまったり、嫌がらせを受けてしまったりするようなこともあるかもしれません。そこまで行かなくても、隣人と笑顔であいさつできるくらいの関係であったほうが何かと便利なのは間違いありません。そういった関係を気付くためにはどうするのが良いのでしょうか。

一番の方法は、面倒に思わずに挨拶に行くことです。最近の方は挨拶に来られると嫌がることもあるようですが、最大の目的は顔を見せることと、手土産を渡すことです。不思議なもので一回顔を見せておいただけで、トラブルが置きづらくなります。顔が見えない人のやることだから無用にイライラするという側面はあるようです。また、手土産を渡しておくと一つ「貸し」が作れた状態になります。恩を売るわけではありませんが、無用にギスギスすることは回避することができます。

関係を悪くしないようためには共用部分の使い方にも気をつけましょう。玄関の前に傘やダンボールを置きっぱなしにしておいたりすると印象が悪くなってしまうことがあります。隣人から指摘されたり大家からクレームが入ったりした場合というのは、我慢の限界を超えて溜まりかねた結果であることがほとんどです。小さなイライラから潰していきましょう。隣人トラブルが発生してしまうと、快適に暮らすのは難しくなってしまいます。うまく付き合っていけるように心を砕きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加