大掃除は計画的に

引越しの日程が決まったから、前日は梱包と大掃除。これは当日にやるよりはマシではあるのですが、その前にちょっと待って下さい。もっと前から掃除しておけば楽ができるポイントがいくつかあります。

最終的には、すべての荷物を出した後に大掃除をする必要があります。部屋を綺麗にして引き渡すのは基本ですし、その方がより多くの敷金が返ってくる可能性が上がります。しかし、この大掃除はなかなか大変です。なるだけ分割してコツコツやっていきましょう。

まず、早い段階でできるものの一つとしてベランダの掃除があります。どこから来たのか大きめのゴミが貯まっていたり、知らぬ間に土が積もっていたりすることもあります。鳥の糞などがこびりついてしまっていることもあるでしょう。ベランダの場合は、ピカピカに磨いておく必要はありませんので、さっさと整理してしまいましょう。

続いてお風呂です。タイルのカビには、専用の洗浄剤をかけておくなどしましょう。頑固なものでも数日掛けると綺麗に取れることも多いです。窓の周辺も綺麗にしておくといいでしょう。特にサンに溜まっている黒ずみなどはとっておくと楽です。気付きづらいのですが、網戸も結構汚れているものです。しっかり洗いましょう。

残りは、引越後に部屋が空になった後に掃除することになりますが、気をつけなければいけないのが掃除道具です。雑巾、スポンジ、洗剤などを梱包して新居に送ってしまわないように気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加