意外な盲点 食品の処分

新居の配置を決めたり、各種の手続きをしたり、梱包を進めていったりとやることがとにかく多くて忙しいのが引越し前の時期です。なので、見落としてしまいがちではあるのですが、食品の計画的な消費についても重要な項目です。

最悪なのは翌日には引越しなのに、肉類や牛乳などが冷蔵庫にたっぷり詰まっているパターンです。大量の食品を運ぶ場合にはいかないので、泣く泣く処分しなければいけません。しかし、翌日がちょうど「燃やせるゴミ」の日ではなかったら、その生ゴミはどこに行くのでしょうか。生ゴミの日ではないのに、生ゴミを置いて去るような不作法をしないで済むように注意しなければいけません。

ここまで酷いことはないかもしれませんが、眠っていた冷凍食品を忘れてしまっているという程度ならよくある話です。引越しの日程までを計算して、冷蔵校の食材を削っていきましょう。引越の前日の夜には、冷蔵庫の中身が空になっていて電源コードを抜いてしまうくらい心構えでいいかもしれません。

冷蔵庫の中みを早めに片付けるということは、食器や調理器具を早い段階で梱包できるということでもあります。食器は割れる危険性があるために、梱包にも手間が掛かります。あわてて詰め込んだせいで、移送中に「ガシャーン!」ということもがないようにしましょう。若干の余裕を持って梱包作業に入りたいものです。

最後の数日は、馴染みのお店で外食をしたり、引越しそばを食べたりするのも風情があるものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加