決戦前夜にするべきこと

さて、明日は引越し当日です。前夜のうちにできることをやっておきましょう。まずは、梱包作業がつつがなく終わっていますか?まだ残っているようだったら、さっさとやってしまいましょう。どうしても終わらなかったら、最優先でやるしかありません。最悪の場合には徹夜です。荷づくりが終わらない限りは引越しはできません。

でも、疲れてどうしようもなかったら、諦めて眠ってしまいましょう。引越し業者が来た時にまだ梱包が終わっていなかったとしても、待ってくれるか手伝ってくれるかします。大丈夫です、引越しが成立しないと業者の方も仕事にならないからです。でも、慌ててやると良いことはありませんし、業者にも迷惑が掛かります。最後の手段だと思って下さい。

ある程度余裕があった場合には、当日のスケジュールを確認しておきましょう。何時にどこに業者が来て、何時にどこへ行って、何時頃になれば引越し作業が終わるのか、その後どういう作業を始めるのかなどを紙に書いておきましょう。また、朝食、昼食、夕食はどこで何時頃食べるのかもあらかじめ計算に入れておくと良いでしょう。

梱包が一段落していたら、「最後の1箱」を残しておきましょう。これは、引越し作業の一番最後に閉じる箱です。ハサミやガムテープや、梱包し忘れた細々としたものを詰めるための箱です。
慣れ親しんだ住処に別れを告げる最後の一夜でもありますので、梱包作業などをしっかり終わらせておいて、感慨に浸りながらのんびりする時間も作りたい者ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加